社会福祉法人梅香会について・施設運営の基本方針タイトル画像

 

施設運営の基本方針
  「住んでよかったと思われる施設を目指して」

施設運営の基本方針・イメージ写真1

「矢那梅の香園」「いわね潮の香園」は、
利用者本位のケアを進めます。


  • 全てのエネルギーや経営資源は、
    入所者のために費やされるものです。
  • 職員は、介護技術や接遇の研鑽に努め、
    日々の暮らしをサポートし、
    入所してよかったと実感できる施設を目指します。


施設運営の基本方針・イメージ写真1

「矢那梅の香園」「いわね潮の香園」は、
「誰もが、その人らしく」安心して暮らせる
環境を提供します。


  • ユニット型特養のみならず、従来型特養においても、
    食生活や入浴習慣など、
    これまでの生活を尊重しQOLの向上を目指します。
  • 医療、歯科医療と密接に連携し、
    福祉と医療のトータルケアを実践します。


施設運営の基本方針・イメージ写真1

「矢那梅の香園」「いわね潮の香園」は、
日々の暮らしにやすらぎがあり
充実感が生まれる住まいです。


  • 入所者一人ひとりに寄り添い、
    時間がかかっても自分でできることは
    自発的に取り組めるよう、
    入所者の残存能力を引き出していきます。
  • 喜び、楽しみを共有し、悲しみ、苦しみが和らぐ、
    入所者と職員同士が心でつながる
    終の棲み家をつくっていきます。


施設運営の基本方針・イメージ写真1

「矢那梅の香園」「いわね潮の香園」は、
地域に根ざし地域に開かれた
高齢者施設を目指します。


  • 地域の福祉団体や住民団体との交流を深め、
    地域に必要とされ、愛される施設づくりを進めます。


このページのTOPへ